駐車券を車に置き忘れる原因と対策

駐車券を車に忘れることが多いんです。

ショッピングセンターなどに行き、有料駐車場を使うとき、駐車券を車によく置き忘れます。

駐車料金の割引を受けるためには、会計時に駐車券を提示したりしますが、それができなくて、車まで取りに戻る、という手間がかかることがあります。

ひとりででかけている時ならいいのですけど、子どもと一緒にいるときなどは、この手間が意外と面倒なのです。

 

サンバイザーに駐車券を挟まなければいい

駐車券を車に忘れるとき、サンバイザーに駐車券を挟んでそのまま車をはなれてしまっています。

サンバイザーに駐車券を挟んでしまうと、そのまま駐車券が意識からなくなってしまうんですね。

だといって、手で持っていると運転しにくいし、カバンなどに入れるのも時間がかかります。

というわけで、駐車券はすぐに口にくわえることにしました。

そうすれば、意識の外に忘れてしまうこともないですし、無くしもしません。

まとめ

自分なりのコツは、唇の外側半分くらいだけで浅くくわえること。

そうすれば、駐車券をツバで汚すことも無いです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
危ない!雪が止んだら、気をつけるべきは足元だけじゃないよ!
久しぶりに金管楽器を吹くなら、この5つをやっておくといいね
noimage
わたしのAndroidの画面表示がおかしい
noimage
noimage
noimage
1passwordをスマホで指紋認証すると超便利
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP