カーテン留めが無かったので、安くありあわせのもので間に合わせた。

夏、窓を開けるとカーテンがバタつく

暑くなりました。
窓を開けて部屋に風を通すことが多くなったのですが、マンション入居時にカーテン留めを付けなかったため、風が吹いてカーテンがバタバタ。

風が通りにくかったり、カーテンがバタバタして不快だったりしたので、ありあわせのものでカーテン留めを作ってみました。

綺麗にはがせて頼りになるアレ

材料は以下の2点。
①紙ひも


②コマンドフック


ひもは、紙ゴミをまとめるために家に置いてあったものです。
コマンドフックは、簡単に言うと、キレイにはがせる両面テープで壁に貼り付けるフックです。

取り付け方

まず、コマンドフックをカーテンの近くに貼り付けます。
そして、カーテンに適当な長さに切った紙ひもを結びつけます。
image

紙ひもでカーテンを結べば出来上がり!
image

うちの無印のカーテンの風合いに、紙ひもがマッチしてるかも。

まとめ

取り付けから1日経ちましたが、紙ひもがほどけるようなことはないです。

コマンドフックが便利で、我が家ではけっこう使っているのですが、また、便利な使い方を紹介してみたいです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

子どものお絵かきがたまって散らかってしまう、でも捨てられない、へのシンプルな対策
noimage
noimage
『習慣の力』は、良くない習慣をやめるのに役立つ本だよ!
noimage
100均で買ったキーホルダー兼定期入れが寿命。壊れた理由は…。
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP