わたしの傘はKnirpsの折りたたみ1本

161273

長柄の傘は無くしやすい

少し前までは、長柄の傘と折りたたみの傘の2本を持っていたのですが、長柄の傘をどこかに忘れてきてしまいました。

この長柄の傘、結婚祝いでもらったちょっと良いものでしたが、何度か忘れて、慌てて探して、ということを何度か 繰り返していました。

コンビニなどに入るとき、店内に持って入らず、入り口の傘立てに置いてしまうので、雨が止んでいると、傘立てに置き忘れちゃうんですよね。
 

折りたたみなら置き忘れたことは無し

折り畳み傘であれば、雨が止んだ時にはカバンに入れてしまいますので、コンビニなどに置き忘れることもありません。

実際、折り畳み傘をなくして困ったことはありません。

晴れの日でもカバンに入れておけるっていうのもいいですね。

というわけで、長柄の傘を無くしたのを機会に、所持する傘はを折りたたみ一本に限ることにしてしまいました。強制断捨離です。

折り畳み傘の課題はKnirpsで解決

一般的には、折り畳み傘は耐久性がない、というイメージです。

しかし、ドイツのKnirps 社の折り畳み傘は、高い耐久性を持ちます。

私が使っているKnirps製折りたたみ傘も、いつ買ったか覚えていないくらい長く使っていますが、骨が折れたり開かなくなったり、というようなトラブルとは無縁です。

まとめ

今使っているものは、ちょっと小ぶり(X1サイズ)ですが、豪雨(どうせ濡れる)とき以外、あまり困っていません。

ただ、収納ケースが紛失しているので、もし買い換える機会があれば、収納ケース付きの大きめなものも買いたいと思います。


 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP