まさかのバッテリ上がり。冬場はみなさまお気を付けを。

バッテリ上がりでエンジンがかからなくなり、立ち往生。
焦ったけど、ロードサービスのおかげでなんとかなりましました。

朝にあせる

娘を幼稚園に送り届け、さあ、家に車を置いて出勤だ、とエンジンをかけようとしたところ、かかりません。
何度キーを回してもセルモータがまともに回らない。
絵に書いたようなバッテリ上がりです。

思えば、バッテリについては以下のコンボをかましていました。
・バッテリ交換は4年前。
・電車通勤で平日はほとんど走らない。
・走っても幼稚園やスーパーの往復の数百メートル。
・冬で冷えてる。
・最近、エンジンのかかりが渋かった。

ああ、やらかしたなぁ、と後悔。
これだけ重なったら、そりゃあバッテリ上がりにもなるわ。

ロードサービスを待つ

しょうがないのでロードサービスに連絡して助けてもらうことに。
他の車からバッテリ接続してもらってかけるということも考えはしたのですが、ケーブルを常備してるはずもなく、また、助けを求められるような知り合いもいなかったので。

保険契約にロードサービスが付いていたので、それを使いました。
ありがたいことに、回数の制限はあるものの無料で対応してもらえるとのこと。。

同じようなトラブルで混み合っているのか、電話をかけてから1時間半程度で業者さんに助けてもらえました。

サービスの内容は、外部からバッテリ部に電圧を一時的にかけてもらってエンジンをかけてもらうこと。
時間がかかるからか、充電してくれるわけではないです。
エンジンは一度かかってしまえば、基本的にはそのまま動き続けてくれるので、エンジンを切らずに点検交換に行くことを勧められました。

行きつけのガソリンスタンドで交換

そのまま近所のガソリンスタンドで点検してもらうと、結果は以下の通り。
電圧は定格12Vに対して10.7Vで、まあ、セルモーターを回しきれるはずもないよね、といったところ。

image

迷わず交換です。
ランクの高いバッテリということで、9800円とちょっと値は張りましたが、ディーラーでやるよりは安かったはず。

まとめ

以下の二点が重要だよねと感じました。
・ロードサービスは必ず加入する!
・エンジンのかかりが渋くなってきたら、早めに点検!

ロードサービスは、JAFでもなんでもいいのかもしれませんが、必須です。
未加入でりようすると、とても高い費用がかかるようです。

また、早めの点検、交換も必須ですね。
日本車で安心して乗りすぎていたからか、ノーメンテナンスで当然走り続けてくれるものと思ってしまってました。
油断してはアウトです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
時間を有効活用するためのクイズ番組の見かた。3つのレベルを考えた。
noimage

Menu

HOME

TOP