家族の笑顔を思うことが、なんでこんなに難しいのか

家族が不機嫌になる、と想定して家族に接すれば、家族は不機嫌になると思います。
引き寄せとか、オカルトなことではなく、自分の行動がそういうモードになるので。
でも、どうしても不機嫌を想定して行動しちゃうんだよなぁ。

朝から言い合い、わたしも不機嫌

朝から妻が不機嫌だった日などは、特にそうです。
おはようの一声をかける前から不機嫌。
そうなると、妻としては私の細かいことが気になり始めるらしく、コップを持って娘と話しながら立っていたら邪魔と言われたりします。

言い合いなんてしたくないもんですが、つい、防御してしまう。
娘に怒りが向かうのをたしなめたら、喧嘩になる。

まあ、どうしても、そういうふうに、自分まで不機嫌モードになってしまう日というのがあるのです。

さらに、今日は妻は不機嫌だ、っていうのが刷り込まれちゃうんですね。1日それを引きずるわけです。

わたしだけでも抑えたい

妻が不機嫌になるのはしょうがない。
それは妻の課題です。

image

でも、それに対して不機嫌になったり、引きずったりするのは、わたしの課題なのですよねぇ。
わたしの課題ですから、私がなんとかしたい。
どうしたものやら。

対応策

とまあ、ここまで書きつつ、対応策を2つ思いつきました。

①昼休み等、昼間で一人になれる時間で瞑想する。

②待受を妻と娘の笑顔の写真にする。

笑顔を見ていたら、笑顔を想像しやすくなるかな。
最近の笑顔の写真ってあったかしらん。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

会社組織における多様性は、管理職次第で死ぬ
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
かんたんに自己肯定感を持つ方法!『神様にお任せで、勝手にお金が流れ込む本』
noimage
Huawei P9liteにかかってきた電話番号を着信拒否する方法 
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP