【GTD】忙しくてもタスク整理をサボったらダメな3つの理由

GTDにおいては、作業に取り掛かる前に、すべきこと(=タスク)をすべて書き出し、頭から追い出すことになっています。

急ぎの案件や割り込みが迫っているとき、ついついこのことを忘れがちになってしまいます。でも、これはダメ。忙しくても、絶対にタスクを書き出して整理してから、作業に取りかかってください。

 

目次

 

Todo Stickies

タスク整理せずに取り掛かるとどうなるか

 わたしの経験から、目の前に迫っていることがあるからと言って、タスクを書き出し、整理せずに作業を始めると、こんなことが起こります。

 

目の前の作業に抜け漏れが生じる

急ぎの作業とはいえ、すぐに取り掛かろうとすると、全体像が見えないまま作業を進めてしまうことになります。何が重要で何が重要でないか、わからないまま進めてしまうのです。何のためにやるのかすら、よくわからないまま進めてしまうことにもなりかねません。

そうなると、当然、その作業にとって重要なことが抜けたりおざなりになったりする可能性が高くなります。そのせいで手戻りが生じることも多いでしょう。

タスク整理の時間を惜しんだことで、かえって時間がかかってしまうのです。

 

トラブルが楽しくなってしまう

何も考えずに、目の前のやらなければ言えない作業に没頭していると、それが楽しくなってしまうことがあります。目の前だけを見てやみくもに走り続けると、充実感、生きてる実感、そんなものが感じられてきます。

それはそれで楽しいのかもしれませんが、そんな仕事の仕方に病みつきになってしまってはダメダメです。そのうち、「仕事を楽しむ」ために、ギリギリまで仕事しない人になっちゃいますよ。

 

集中力が落ち、ストレスがたまる

タスクを整理し、頭からタスクを追い出しきれていない状態で作業を始めると、追い出しきれなかったタスクがたまに頭に浮かび、気になってしまいます。

気になってしまうものだから、ちょっとそのタスクに手を付ける、みたいなことをすると、もう泥沼。脳の情報量があふれてしまい、どの作業についても集中できなくなってしまいます。

そうなると、急ぎの仕事にも集中できるわけがありません。仕事の納期、質共にピンチです。

 

忙しいときに敢えてタスク整理するメリット

 反対に、忙しい時に敢えてタスク整理をすると、上記とは反対のことがおきます。

つまり、

やるべきことが明確になるから仕事の抜け漏れが生じにくくなり、

変に楽しくなってしまうこともなく冷静に作業を続けられ、

目の前のしごとに集中できるようになる

わけです。

 

ですから、忙しい時こそ、タスクの整理をしっかりと行うべきなのです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
『習慣の力』は、良くない習慣をやめるのに役立つ本だよ!
noimage
noimage
noimage
noimage
時間を有効活用するためのクイズ番組の見かた。3つのレベルを考えた。
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP