拾って食べて大丈夫?3秒ルールに関する3つの海外の研究

お菓子や食べ物を床に落とした時、3秒以内ならセーフ!という、3秒ルールはよく使われています。
しかし、その真偽については、いまいちはっきりしません。
今回は、3秒ルール、5秒ルールについて、これまでにされている研究について調べてみました。

目次

Lolipop on camo

1.ラトガース大学による研究結果

5秒ルールに関するラトガース大学の研究について、Wiredが以下の記事で紹介しています。

wired.jp

少し引用すると、

米ラトガース大学の研究チームは、複数の素材からなる床といくつかの食べもの、その落下方法や接触時間を分析し、床に落ちた食べものは5秒とかからず簡単に汚染されうることを証明した。それどころか、場合によっては1秒未満で汚染されることもあるようだ。

ということです。つまり、5秒ルールなんて嘘で、落ちたものは簡単に汚染されるよ、と。

なんか納得行かないのでもう少し詳しく見てみます。

この研究では、いろいろな食品を細菌で汚染した床に落として、食品へ細菌がどのくらい付くか、を調べています。実験条件として、食品を拾うまでの時間として、1秒未満、5秒、30秒、300秒の4通りを測定しました。合計2560回もの実験を繰り返したというものです。

結果として、以下のことがわかっています。

  • 切ったスイカが最も汚染された。
  • グミやキャンディーは汚染が少なかった。
  • 拾うまでの時間が短いほど、汚染は少ない。
  • でも、汚染された場所だと1秒未満で汚染されることもある。

2.マンチェスターメトロポリタン大学による研究結果

さて、Wiredは、過去に、マンチェスター・メトロポリタン大学による以下の同様の研究も紹介しています。

wired.jp

こちらの結果は、以下のようにまとめられています。

出て来た結果としては、まず、わたしたちは地面に落ちた食べ物をゴミ箱に放り込むことに熱心すぎる、ということだ。少なくとも、これらの食品の大部分は心配せず口に入れることができるだろう。

こちらも詳しく見ていきます。

この研究でも、いろいろな食品を床に落として、3秒、5秒、10秒後のバクテリア(細菌)による汚染がどのくらいあるかについて、調べています。ラトガース大学の実験とは異なり、床をあらかじめ汚染してから実験した、というわけではないようです。

結果として、以下の通りとなりました。

  • 塩や砂糖を多く含む食品(この実験の場合は生ハムやジャム)は汚染されにくい
  • ドライフルーツや茹でたパスタは汚染が早かった(3秒でアウト)
  • ビスケットは10秒おいても全く汚染されなかった。水分が少ないのが良いと思われる。

3.イリノイ大学による研究結果

3秒ルールといえば、イグノーベル賞を受賞した、こちらの研究について思い出す方も多いでしょう。
以下のブログに研究内容が詳しくまとめられています。

ソログ:5秒(3秒)ルールの科学的検証:イグ・ノーベル公衆衛生学賞 – livedoor Blog(ブログ)

簡単にまとめると以下のような研究になっています。

まず、大腸菌を塗ったタイルに、グミとクッキーを5秒間のせました。そして、グミとクッキーがどのくらい汚染されたか調べました。結果、いずれの条件でもお菓子は汚染されていました。

しかし、同研究の中で大学の床を調べたところ、どこからも菌は検出されなかったということです。つまり、床が汚かったら5秒以内に拾ってもアウトだけど、普通のところだったらセーフだよ、というこち。
靴で歩く場所から菌が検出されなかったということは、靴を脱ぐ日本の屋内はもっと安全なのかもしれません。

4.「3秒ルール」を使う際に気をつけるべきこと

さて、これらの研究を総合すると、以下のことがいえるでしょう。

  • パスタみたいな湿り気の多い食べ物では3秒ルールは使っちゃダメ。たぶんおにぎりも同じ。
  • 汚れてる場所(トイレとか)に落とした食べ物では3秒ルールは使っちゃダメ。
  • 水分が少ないお菓子を床に落としたときには、3秒ルールでセーフティ。
  • 食べるときは早めに拾ったほうがよい。

まあ、なんとなく、日常的な感覚に近い結論になってしまいましたが、それがヒトの知恵ってことでしょうか。

No.1メンタルトレーナーが教える できる人の3秒ルール

No.1メンタルトレーナーが教える できる人の3秒ルール

  • 作者: 西田文郎
  • 出版社/メーカー: インデックス・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/06/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 25回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
科学技術について伝えるなら自分のキャラを立てなければいけない理由。「科学コミュニケーション」を読んで考えた。
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP