最近注目した科学技術ニュース8件 2016年9月19日版 スマート素材がこれからの最強の技術かもしれない

最近注目した科学技術に関するニュースをまとめました。

 

目次

 

1.新原理のデジタルカメラが始まりつつあります。

秒間30フレームなど全画素のデータを取り込む今までの方式とは全く違います。一定量の光が「貯まった」画素から画素毎に「この座標の画素だけどいま光来たよー!」という感じで、バラバラに信号を出すことで画像情報を取り込もうというもの。対数的なダイナミックレンジが取れるんだろうな。

Σ⊿方式に似た雰囲気を感じるけど、処理には似たような考え方が使われるんだろうか。

 

2.透明に近い人工ダイヤ

窒素の含有量を減らして透明度を高めたということ。写真を見ると、確かにこれまでの黄色っぽいものとは全然違いますね。

ダイヤのキラキラは、高い屈折率によるものです。その高い屈折率を利用して、レンズやらプリズムやらの光学部品を作ると、小型化とか性能向上が見込めそう。超高級ダイヤレンズ搭載の一眼レフとかもありえるかも?

工業用という視点で書かれてますが、これだけ綺麗な色なら装飾用にも使えそうだなぁ。

 

3.大潮の日に地震は起こりやすい。

月の満ち欠けは、出産のタイミングや人の行動や、いろいろなものに影響しているイメージを持っていました。このニュースでは、大地震に影響していることが示唆されています。大潮の日に地震が起こりやすいとか。

 

4.自律的にお金を儲ける人工知能

人工知能にとっての報酬とか罰とか、いわゆるお金儲けに対するインセンティブってどんなものになるんでしょうね。自分で自分にとってのインセンティブを考えだす人工知能ってできるんだろうか。

 

5.男だけで赤ちゃんつくれるかもよ

技術を利用した単為生殖。むかし、セイバーマリオネットというラノベやらアニメがあって、まさにこういうことしていたのですよね。世の中に女性がいなくて、ゲイが標準な世界。

 

6.すっごくピンクです。

こういう突然変異はたまにあるそうで。

 

7.みずほ銀行がソフトバンクの人工知能でサラ金?

個人金融、というのは、サラ金という理解でいいんですよね。

他の金融機関より、きめ細かく審査ができるぶん、金利が安めになったりするのかも。

 

8.スマート素材がこれからの最強の技術かもしれない

人工知能とかロボットとかIoTとかではなく、素材そのものが仕事をしてくれる、という考え方。

電源も通信も必要なく、でも、十分な機能を果たすような素材が最強の技術なのかもしれないです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP