Todoistで勝手にリマインダー通知が増えちゃうならこうしよう。原因と対策。

Todoistのプレミアムに課金すると、リマインダー機能が使えるようになります。タスクの実行時間などる、スマホにタスクを通知してくれて便利なのですが、設定に気をつけないと、リマインダーがどんどん増えて、スマホが通知だらけになって、逆に不便になることがあります。

今回は、その原因と対策をご紹介します。

目次

check

1.症状。時間指定タスクを「延期」したらリマインダが増えた。

リマインダーを設定していないのに、Todoistからリマインダー通知が来ます。

具体的には、以下の条件を満たしたときに、リマインダーが勝手に設定されて、表示されます。

  • タスクに実行時間を設定している

  • 定期的な繰り返しタスク(毎日朝6時に瞑想する!とか)である

  • タスクを「延期」した

Todoistには、タスクを延期する、という機能がついていまして、今日やらなかったタスクについて、2クリックまたは3タップでかんたんにタスクの実行日を延期できます。この機能を使ったときに、自動的にリマインダが設定されたようです。

2.原因。タスクに自動的にリマインダーを設定する設定になっていた。

いろいろいじってみたところ、自動的にリマインダが設定される原因は、リマインダに関する設定でした。

Todoistには、時間を指定したタスクに自動的にリマインダーを設定する機能がついています。この機能を使えば、「明日の3時に歯医者に行く」というタスクを設定したら、明日の3時にスマホへの通知出るよう、自動的にセットされるわけです。

2016年10月1日現在、この機能をオンにしていると、時間指定タスクを「延期」したときにも、リマインダがセットされる仕様になっているようで、勝手にリマインダが増える、という症状となって現れたわけです。

3.対策

となれば、対策はかんたんです。この設定をオフにすれば良いです。Android版アプリと、ブラウザ上での設定方法を紹介します。アプリとブラウザで設定は連動している・・・とは思うのですが、両方やっておくのが良いかも。

iPhone版は手元にないので確認できないのですが、たぶんAndroidと似たような感じだと思います。

3-1.Androidアプリでの設定

f:id:galleon_blue:20161001071739j:plain

左上をタップして、メニューを開きます。

f:id:galleon_blue:20161001071840j:plain

「設定」をタップします。

f:id:galleon_blue:20161001071845j:plain

「一般」をタップします。

f:id:galleon_blue:20161001071851j:plain

「デフォルトリマインダー」をタップします。

f:id:galleon_blue:20161001072039j:plain

「デフォルトなし」を選択します。

これで設定完了です。

3-2.Web(ブラウザでの設定)

f:id:galleon_blue:20161001070355p:plain

右上の歯車マークをクリックすると表示される設定メニューから、「Todoistの設定」を選択します。

f:id:galleon_blue:20161001070422p:plain

設定メニューが開きますので、「リマインダー」タブを選択し、「締め切り日時にリマインダーを設定」の項目を選択します。

f:id:galleon_blue:20161001070613p:plain

設定内容が表示されますので、「デフォルトリマインダーなし」を選択します。

これで設定完了です。

まとめ

今回は、リマインダーの設定が通知増えすぎの原因でした。自分で設定したのか、デフォルトだったのかは定かではないですが、毎日やるタスクに時間指定を入れる使い方をしているわたしには、ちょっと使いにくい仕様だなぁ。

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP