5歳の娘の鎖骨骨折が治るまで

娘(5歳)の骨折(左鎖骨)が治ったので、経緯をまとめて共有します。

完治まで、2ヶ月弱かかりました。

 

骨折当日

ある日、夕方に家の中で派手にコケて、肩を痛がるようになりました。しばらくしても収まらず、起き上がれない状態に。

病院に連れて行こうにも、痛がって動かせないため、119番で救急車を呼び、当番医まで搬送してもらいました。担架に乗せるにも痛がって可哀想だった。

病院でレントゲンをとったところ、鎖骨がポッキリいっていることがわかりました。しかも、折れた部分同士が骨一本分くらいズレた状態になっています。

病院での処置としては、クラビクルバンドで固定し、三角巾で折れた側の腕を吊ってもらいました。また、折れた側の腕は肩から上に持ち上げると、鎖骨がずれるため、上げないよう、指導されました。

↓こんな感じのバンドです。Amazonへのアフィリエイトリンクになっています。

翌日また来てねと言われ、帰宅。

車だったのですが、チャイルドシートは窮屈で、無理に乗せようとすると痛みそうだったため、シートに直接座らせ、シートベルトもせず。危ないけど、安全運転で。

あまりよろしくないのですが、クラビクルバンドが外れるまで、ずっとチャイルドシートは使っていませんでした。

触ったりすると痛がるため、バンドつけっぱなしでそのまま寝かす。バンドがあると寝るのに邪魔なため、布団で山を作って支えてやる。夏で布団がなくても寒くなくて良かった。

骨折翌日

翌日、再度通院しました。夜間とは別の先生に見ていただき、クラビクルバンドの締め具合など指導いただきました。ちょうどいい締め具合のところにマジックで印をつけてくれたのが良かったなぁ。

そして、自宅近くの病院に転院すべく、紹介状を書いてもらうことに。救急だったからか、遠かったのよね…。

腕を上げなければシャワーは可とのことなので、帰ってシャワーを浴びて、バンドを締め直しました。また、腕を上げられないので、ボタンで前開きの室内着を数着買いました。

10日後

転院先の病院に初通院しました。

この頃には、無理に動かない限り痛みはあまりなかったようです。「炎症期」は過ぎたということみたい。

レントゲンを取るも、まだ骨はほとんど修復されていない状態でした。引き続き固定を指示されました。

また、バンドは多少キツめに締め直してもらい、印をつけてもらいました。ずっと締めていると、バンドが伸びて固定が緩むんだそうな。

二週間後に再度通院するようにとのこと。

 

24日後

再通院するも、レントゲンの状況にあまり変化はなし。

この頃にはほとんど痛まないようで、折れた側の腕が上に持ち上がっていたりすることもありました。見つけたら慌てて下げさせたりしていましたが、医師によると、子供の自然な動きで上がるのであれば問題ないとのことで、一安心。

二週間後に再通院の指示あり。

 

38日後

通院し、レントゲンをとったところ、骨の形成が始まっていました。「仮骨」という組織が損傷部位をもやーっと覆っている状態とのこと。

治りかけだね、というコメントをいただきましたが、でも幼稚園の園庭で遊ぶ許可は下りず。

 

52日後

通院し、レントゲンをとったところ、問題なく治ったとのことで、もう園庭で遊んで良いと言われました。

最初に「骨一本分ズレていた」、と書きましたが、結局そのまま、ズレたままくっつきました。これは、成長するにつれて治っていくとのことでした。

ここまででひとまず安心。完治、ということになります。

 

その他

クラビクルバンドの洗い替えを準備

クラビクルバンドは、1本目は救急で行った病院でもらった(乳幼児医療証で負担なし)のですが、食事や汗等、どうしても汚れます。洗い替え用に2本目を準備することをおすすめします。

また、クラビクルバンドの洗濯時には、気をつけないとマジックテープが他の洗濯物にべったりくっついたりして、大変です。マジックテープをクラビクルバンドに留めた状態で、ネットに入れて洗うと良いです。

 

 

幼稚園の対応

医師には、幼稚園が受け入れ可能なのであれば登園して良いと言われていました。また、幼稚園からも、受け入れ可能、と言われていました。

ですが、娘自身が登園を怖がり、以降と声をかけると泣いてしまう状態。無理に着替えさせて連れて行く、というのも好ましくなく、我が家では、40日後くらいまでは幼稚園をお休みさせました。夏休み期間もあったので、ひと月弱休んだことになります。

また、完治の一週間後に運動会がありましたが、園の方で色々配慮していただいたり、娘自身が練習をがんばってくれたりしたこともあり、全種目、参加と相成りました。

 

 

まとめ

子どもが骨折すると、言うまでもないですが親はかなり大変です。大変でした。

寝ている間も、変な姿勢を取って骨が歪まないかとか、痛まないかとか、夜泣きをしないかとか、もう、ハラハラして大変で当初一週間くらいは睡眠の質があまり良くなかったはず。

でも、子供は治るのが早いです。大人なら半年ほどかかるところを、ふた月足らずで完治し、運動会にも出られるまでになります。

ゆっくりと、無理をせずに、子どもに寄り添ってあげてください。そのうちに、治ります。

というか、治ってしまうと、子どもはまたうるさく跳ね回ります。ええもうほんとに憎らしいほどに。しおらしい我が子を見られるのも、こういう機会しか無いですよー。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

「育てるグリーンペット ベジ」のミニトマトを育ててみました。間引き編その1。種まきから2週間。
noimage
noimage
noimage
noimage
こどもの小学校入学時に気をつけたいのは親自身の寝不足だね
noimage
こどもと一緒の風呂上がり、裸で寒い思いをする時間を短くするには。
noimage
noimage
科学技術について伝えるなら自分のキャラを立てなければいけない理由。「科学コミュニケーション」を読んで考えた。
【ネタバレ無し】映画妖怪ウォッチ「空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」を見てきた感想など。
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP