危ない!雪が止んだら、気をつけるべきは足元だけじゃないよ!

雪で危ない目に会いました

昨日は、関東地方は雪でした。

今朝はよく晴れたので、娘を幼稚園に連れて行こうとしたところ、危ない目に会いました。

目の前で二階建てのアパートの屋根から、アパートの目の前に雪がドサッと落ちました。

あ、雪が落ちた、と思った瞬間、さらに

ドサドサドサドサッ

と、雪が落ちてくるではないですか。

しかもだんだん落下地点が、道の反対側にいる我々にも近づいてくる

幸い、直撃はしませんでしたが、娘は泣くわ、自分もビビるわ、朝から焦ってしましました。

あれ、直撃してたらかなり痛かったろうなぁ…。

気をつけたいこと その1

屋根から雪が落ちるとき、屋根の高いところにある雪ほど、遠くへ飛ぶ可能性があります。

屋根を滑り落ちる距離が長いぶん、勢いがついて遠くへ飛んじゃうんですね。高いすべり台のほうが勢いがつくのと同じ理屈です。

ですから、雪の塊が一回落ちてきたら、より広い範囲に、よりあなたに近い場所に雪が落ちてくるかもしれない、ということ。

雪が屋根から落ちてきたら、そこからできるだけ多くの距離を取ったほうがいいですよ。

気をつけたいこと その2

また、道路側が下がっている形の屋根の近くを通るときは、雪が落ちて来るかもしれませんから、ご注意を。

というわけで、雪がやんだら、足元だけではなく、頭上にもお気を付けください。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
久しぶりに金管楽器を吹くなら、この5つをやっておくといいね
noimage
noimage
カード4枚を入れた定期入れとスマホだけで外出できるのです
noimage
noimage
Genesis Miningで、Bitcoin採掘パワーを予約販売中!2017/9/6
noimage

Menu

HOME

TOP