「断る力」を今さらながら実践できたんですけど!

まいど。がれぶるです。
勝間和代氏の「断る力」をだいぶ前に読んでいたのですが、最近ようやく実践できました。

今までは断れていなかった他部署からの依頼

他部署から、新製品の接続確認のために、私の過去の開発品を貸してくれ、という依頼が何度かあり、これまではいちいち受けていました。

そうなると、実験室のストックから探してきて、場合によっては最新版にバージョンアップして、貸し出す、ということになっていました。

これがまた、地味に手間だったりします。

思い切って断ってみた

先日もそんな依頼が来ていたのですが、ストックに最新版がなかったり、頼まれたのが断りやすい同期だったりしたこともあり、思い切って断ってみました。

ストックが無いから貸せない、と言うと、相手は、アッサリと諦めてくれました。

そもそも、工場からその製品の最新版の新品が簡単に出せるはずで、そこまで高価なものでもないので、自分が対応する必要も無かったのですよね。

意外と後味は悪くないものです。
そして、今さらながら、勝間氏の本を読んでいたことを思い出したのです。

まとめ

きっかけはちょっとしたことでしたが、これから、自分がやる必要のないことはどんどん断っていこう、と思えた出来事でした。

そうやって仕事を減らして、新しい、やりたいことに注力出来るようになったら、もっと楽しいのではないかしらん?

断る力 (文春新書)
断る力 (文春新書)

posted with amazlet at 15.11.17
勝間 和代
文藝春秋
売り上げランキング: 155,874

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
大人もゲームやろう。5分で回せるPDCAサイクルはゲームの中にあった。
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP