NASA発表!木星のエウロパから派手に水蒸気が吹き出していた!?

2016年9月26日、NASAは、木星の衛星であるエウロパから水蒸気と思われるものが吹き出ていることを観測した、と発表しました。ハッブル宇宙望遠鏡による紫外線の観測結果だということです。

エウロパには、大量の水や氷が存在し、こうやって吹き出ていることは予想されていましたが、こんなに派手に吹き出ているとは誰も思っていなかったかも。

原文はこちら。

NASA’s Hubble Spots Possible Water Plumes Erupting on Europa | NASA

1.とっても派手に吹き出ています

f:id:galleon_blue:20160927065040p:plain
Hubble Directly Images Possible Plumes on Europa – YouTubeより引用

上の絵は今回の発表に含まれている動画から引用しています。青い部分が水蒸気と思われる部分です。かなりでっかく吹き出ています。

発表の文面では、200km程度吹き出ているということです。
(この部分、誤りがあったので修正しました。)

もともとは、木星に写ったエウロパの「影」から、エウロパに大気があるのが確かめようとしていたそうなのですが、思わぬ発見となったわけです。

Wikipediaによると、「エウロパの表面を覆う氷は、潮汐力によるエウロパ自体の歪みのために裂け目が出来たり塞がったりを繰り返して」いるそうです。この潮汐力や歪みによって水蒸気が吹き出すことにもなっているんでしょうか。

2.今後の調査への影響

ちなみに、前述の通り、エウロパに水があることはこれまでにも知られていました。しかし、水があるとなると、成分は何か、ミネラルが溶けているのか、人に飲めるのか、というようなことが気になります。そう、サンプリング調査がしたくなるわけです。

そして、これだけ派手に吹き出ていると、エウロパの水をサンプリングするのが楽になるんだそうです。着陸してドリルでがりがり氷を削るより、探査機で近くを通れるほうが、難易度は格段に低いわけですね。実際、NASAはそういう観測を計画しているとのことです。

3.まとめ

NASAが公開した動画も貼っておきます。英語ですが、画像でイメージは掴めると思います。

ちなみにサムネイルはイメージ画像だと思われます。こんな絵が撮れるのは何年後になることやら。

エウロパの水はどんな味がするんでしょうね。今後の探査に期待です。

www.youtube.com

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

宇宙で人類が活動範囲を広げるための「キラーアプリ」とは?
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
科学技術について伝えるなら自分のキャラを立てなければいけない理由。「科学コミュニケーション」を読んで考えた。
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP